どうぞ、お茶を一服。

宮城の旅好き茶道家よくせんのブログです。 宮城県を中心に煎茶道のお稽古やお茶に関するワークショップなど行っています。 20代の視点で見た日本文化、お稽古の様子、思ったことなど書いていきます!

【宮城旅行ブログ】仙台で行くべき観光スポット5選【大人の休日・デートにも】

こんにちは。

宮城の旅好き茶道家のよくせんです。

今回は私の地元である宮城県仙台市の観光スポットをまとめてみました。

 

 

宮城といえばご飯美味しい、自然あり、レジャー楽しい、アクセス良い!

観光にはベストな場所なので、みなさんぜひ来てくださいね。

 

 【目次】

 

 

 

 その①仙台とは、、、?

まず仙台という街について知っていきましょう。

【仙台の由来】:仙台城青葉山の上に建立されました。その青葉山の南にある大満寺の虚空蔵堂に安置されている千体仏(せんたいぶつ)が由来と言われています。なので千体→千代→仙台というように名前が変化したのが通説です。

仙台藩になってから】:1601年に伊達政宗が現在の仙台城址に居城を移し、仙台藩の街づくりに乗り出しました。文字通り「千代続く街になるように」様々な仕掛けがなされました。

【明治以降】:東北の盟主である仙台藩は、会津藩に呼応し幕府側につきましたが敗れ、伊達家は一部が開拓のため北海道へ移住。中央政府からにらまれ、東北が軽視される政策がとられました。

【昭和以降】:仙台大空襲を経て、城や重要な建築物、旧市街は燃えてしまいました。

 

 

簡単にまとめるとこんな感じです。

なのでどうしても昔の街並みがそのまま残っている金沢や京都と比較すると、観光という部分に関しては満足度は低くなってしまうかもしれません。

しかし現存する瑞鳳殿大崎八幡宮などかつての仙台藩の繁栄や暮らしぶりを感じる名所は確実に残っていますし、仙台ならではの無形文化も継承されてます。

その一つ一つをじっくり見て、当時の人々の文化や歴史を感じ、思いをはせるゆっくりとした観光が仙台には適しているのではないかと私は思っています。

 

 

このルートで実際に観光してみました!【瑞鳳殿仙台城址→大崎八幡宮→仙台東照宮愛宕神社

仙台では市内を循環するバス「るーぷる仙台」に乗って観光するのがおすすめです。

このバスに沿ってみて回ります。

 

 

その②仙台一望の絶景ポイント「仙台城址」

住所:〒980-0862 仙台市青葉区川内1

アクセス:バス:仙台駅西口バスプール16番乗り場 るーぷる仙台仙台城跡」前下車すぐ
 
 
伊達62万石の居城、仙台城青葉城)。標高約130m、東と南を断崖が固める天然の要害に築かれた城は、将軍家康の警戒を避けるために、 あえて天守閣は設けなかったといわれています。残念ながら今では城は消失し、石垣と再建された脇櫓が往時をしのばせます。
政宗公騎馬像の前に立てば、天下取りの野望に燃えた政宗公と同じ視線で、市街を展望できます。
投稿写真
 
 
これが政宗が見守る景色。
仙台市街地のビル群が見えます。
東北の一大都市「仙台」
青空が映えますね!
{DA0F602B-6329-47B1-97D7-DFB1C990E632}
 
 
 
仙台西側の風景。
遠くには奥羽山脈が見えます。
あの山を越えると山形県、泉ヶ岳が積雪で本当に綺麗でした。
{C82EEC4C-22A5-4B56-9D2C-B1FCD16C480C}

 
 パノラマ撮影。
西の奥羽山脈から東の太平洋までワイドビューで仙台を一望できます✨
f:id:yokusen:20180201230408j:image
 
 
 
仙台城址である神社です。

明治維新以後の戦死・戦没者の御霊約56,000余柱を祀っている神社。

仙台城跡本丸跡に鎮座し、初詣や七五三等賑わいを見せている。

投稿写真

 

 

 

仙台城の石垣は,角部が弓なりの美しい勾配が特徴で,積み石の間に隙間なく,

横目地は水平に通るように積まれた「切石整層積み」と呼ばれる技法が用いられています。

投稿写真

 

 

 

その③伊達政宗の霊廟「瑞鳳殿

ホームページ:瑞鳳殿ー仙台藩祖伊達政宗公が眠る霊屋

 

 

杉木立に覆われた境内を進むと派手な建物が見えてきます。

一目見るやまず色鮮やかな門構えに圧倒されます。

さすが伊達者!この世から居なくなっても存在感がすごい!

f:id:yokusen:20180220230646j:image

 

 

涅槃門はまだ序の口でした…

ご覧くださいこれが政宗のお廟です。

政宗公の威風を伝える桃山様式の豪華絢爛たる廟建築がすごい。

f:id:yokusen:20180220230710j:image

 

 

鮮やか過ぎる…

優しい色合いが素敵✨

f:id:yokusen:20180220230750j:image

 

 

 

その④宮城県に2つある国宝の内の1つ「大崎八幡宮

ホームページ:国宝 大崎八幡宮

住所:〒980-0871 仙台市青葉区八幡4-6-1

 

 

昭和27年国宝指定。慶長12(1607)年、伊達政宗公によって創建されました。

鳥居に付いている篇額(へんがく)は畳4畳分ものサイズ!

ちょっと見てみましょう。

f:id:yokusen:20180220230819j:image

 

 

八幡宮の額。

八の字が鳩が二羽寄り添っているように描かれてます。

親子でしょうか、可愛い!インスタ映えしそうですね。

鳩は平和の象徴ですが、八幡神の使いでもあります。

f:id:yokusen:20180220230929j:image

 

 

大崎八幡宮の本殿です。
権現造(石の間造)の典型で、本殿・石の間・拝殿が一体となっています。
昭和27年国宝指定。慶長12(1607)年、伊達政宗公によって創建されました。

見事な千鳥破風が3つ、向拝に軒唐破風が1つあります。
軒下には鮮やかな色合いの装飾が施されています。

 投稿写真

 

 

初めて見た方は、その壮麗さに圧倒されます
現代の日本のお寺や神社には見ない色合い、木工細工、比翼入母屋破風。
これを見るだけでも旅行してきた意味はあります

{8D12F39F-1DEF-47F7-A74A-3D549FA63911}

 

 

 

 

大崎八幡宮は崖の上にあります。

急な階段を上らなくてはいけません。

石でできた太鼓橋を渡り、石の一ノ鳥居をくぐるのですが、、、

(ちなみに石鳥居は県の重要文化財に指定されています)

f:id:yokusen:20180220231012j:image

 

 

鳥居の下には何やら

何やら乾いた水路が!

実はここ、仙台が杜の都を呼ばれるようになった由来の場所でもあるんです。

ã大å´å«å¹¡å®®ãåãè°·ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 伊達政宗は、仙台の町全体に水路をひくために、四つの谷を抜ける大工事を行いました。その結果、町のすみずみまで水が行きわたり、植物が育ち居久根(いぐね)と呼ばれる宮城独特の屋敷林が形成されました。それが杜の都の由来と言われています。

 

 

 

その⑤伊達家の技術の粋「仙台東照宮

ホームページ:仙台東照宮 | 神社|宮城県仙台市にある国指定重要文化財

住所:〒981-0908 仙台市青葉区東照宮1-6-1

アクセス:JR仙山線東照宮駅より徒歩3分/バス仙台駅発17番のりば宮町経由南光台・旭ヶ丘行き宮町5丁目下車徒歩3分

 

徳川家康公を祀り、杜の都を見守り続けて約360年、鬱蒼たる木立の中に鎮もる伊達文化の粋・最高の技を結集した古社です。
みどころは、国指定重要文化財に登録されている本殿・唐門・透塀・随身門・石鳥居です。

 

 

まずは随身門。

1654年に建てられたもので、当時の最高技術が使われており、まるで350年以上たっているとは考えられないほどしっかりしています。

妙法院宮尭然親王筆の「東照宮」の扁額が掲げられています。大きな屋根は1.5km離れた宮町通りの南端からでもはっきりと視認できます。

f:id:yokusen:20180220231620j:image

 

 

石灯篭がずらーッと並ぶ参道。

多くが伊達家一門御奉納のものです。

仙台市有形文化財に登録されている道です。

f:id:yokusen:20180220231214j:image

 

 

拝殿。

神様がお鎮まりになる建物を本殿と呼び、それに対して人がお参りをする建物を拝殿と呼びます。

銅瓦葺きの入母屋屋根が荘厳さを醸し出しています。

f:id:yokusen:20180220231232j:image

 

 

銅瓦葺きの唐門と本殿。

鳳凰麒麟、獅子の円形彫刻により装飾された扉は現在では4月17日の例祭日のみ開きます。f:id:yokusen:20180220231250j:image

 

 

 

その⑥仙台総鎮守社「愛宕神社

ホームページ:愛宕神社

住所:〒982-0841 宮城県仙台市太白区向山4丁目17−1

 

 

【歴史】
愛宕神社伊達政宗公が山形県の米沢より宮城県岩出山に移る際に岩出山に御鎮座。
その後、慶長8年に伊達政宗公の千代城の入城後に造営され、仙台駅から南の広瀬川愛宕大橋で渡った愛宕山に鎮座されました。

f:id:yokusen:20180220231325j:image

 

 

しかしここが愛宕神社の面白いところ。
なんと天狗が安置されているのです👺
しかも日本一大きい大天狗と烏天狗👺👺
なぜに天狗が置かれているのか…👺👺👺
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大天狗は天狗の中でも最高位の天狗と云われ、烏天狗は大天狗の命を受け、善道を司ると云われています。
木造の大天狗像と烏天狗像の大きさ(高さ2m50cm)に圧巻です。

 

 

 

こちらの本殿・拝殿は仙台市有形文化財です。

お正月に撮影したため少し賑やかな感じ!

f:id:yokusen:20180220231350j:image

 

 

手水舎が歴史を感じます。

なんと磐で出来ているんです。

どこから水が湧いているんだろう、、、

苔むしてて神秘的です。f:id:yokusen:20180220231433j:image

 

 

愛宕山というだけあって、境内までは階段を10分ほど登ります。

小高い山の上にあるので、仙台を見下ろすことが出来ます!

 ちょうど展望デッキが設置されてあったので、そこからの景色も撮りました。

 


仙台を横断する一級河川広瀬川
その向こうには仙台の街並みが見えてきます🏙
中央左に見えるのが一番高いビルがウェスティン仙台、その右に見える白いビルが住友生命ビル(通称SS30ビル)である。

f:id:yokusen:20180220231454j:image

 

 

 

展望デッキから徒歩1分。

愛宕神社の裏手には大満寺という曹洞宗の寺院があります。

愛宕神社で満足してしまい、行かない人が多いんですがここで仙台通かどうかが分かれます、、、

なんとこのお寺、仙台の発祥となった重要な場所なのです。

f:id:yokusen:20180220231657j:image

 

 

お寺のホームページから拝借したものです。

千躰→千代→仙台が由来になったそうです。

ここが仙台発祥の地!!

 

 

 また大満寺にはインスタ映え狛犬がいます。

アフロ狛犬?ラホツ狛犬

キャラクターっぽくて可愛い、、、

f:id:yokusen:20180220231719j:image